介護保険で利用可能な福祉用具

要介護の方が自立した生活をおくるために利用する介護福祉用具も介護給付の対象になります。
これらの介護福祉用具は子乳ではなく貸与(レンタル)で利用することができます。
貸与の対象となる介護福祉用具の例として
・車椅子
・車椅子の付属品
・手すり
・スロープ
・特殊寝台
・特殊寝台付属品
・歩行器
・歩行補助杖
・床ずれ予防器具
・認知症高齢者徘徊感知器
・移動用リフト
などがあります。
車椅子や特殊寝台などは利用対象者が要介護2以上となります。

また販売の対象となる特定福祉用具には
・時間威浴槽
・子しか江kベンザ
・特殊尿器
・入浴補助用具
・移動用リフトの釣り具
などがあります。
なおこれらsの利用限度額は年間120万円となっていあmす。

この福祉用具の貸与や販売には、福祉用具専門相談員の資格を持ったスタッフが必要です。
ケアマネージャーと相談のうえ、目的に合った福祉用具を選ぶことになります。
ただこのあたりにお福祉用具の貸与や販売には価格設定の明確なルールがありません。
福祉用具の貸与・販売の価格に関する情報が乏しいので、平均価格よりも明らかに高かったりあるいは逆に低かったり設定されてしまうことが問題になっています。
そのため制度改正によって、福祉用具の価格情報の公表制度も創設されました。

それでも福祉用具にもいろいろたくさんの物があります。
利用者さんからすればどれがいのか?そいれにはいくら費用がかかるのか?

利用者さんが要支援介護1~2の場合は介護予防福祉用具の貸与ができます。
利用限度額に特に限度はありませんが利用者負担は①から2割となります。

利用者が要介護①から5の場合
福祉用具隊とで利用限度額の制限はとkにありません。
利用者負担は①から2割となります。

ただし特定福祉用具の販売にあたっては
原則、年に1回だけ
利用限度額は10万円
という制限がある子tに気をつけておきましょう、
このあたりは福祉用具専門宗田人からしかk離と説明を受けて利用を検討していきましょう。
カイポケ 開業支援 料金

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です