Monthly Archives: 2月 2024

薬剤師が出向く時代!外来患者から在宅患者へ

薬剤師業界にも大きな変化が表れてきています。
いままでは処方箋を持って来店してくれる外来患者が主なターゲットだったかもしれません。
しかし、それも変わってきました。
今の医療需要は介護需要も大きくなってきているのです。
介護の需要がこれだけ府癒えてきている以上、待っているだけでは患者さんは来てくれません。
だからこそ今は薬剤師自らが患者さんの元へ行く時代になってきているのです。

つまり薬剤師さんのお客が外来患者から在宅菅あjへとシフトしていっていることを認識しておきましょう。
今まで通りの病院頼みの集客では薬剤師も食べてはいけません。
地域医療の担い手としてこれからお薬剤師は期待されているのです。

病院の外来規制など外来患者の減少の歯止めがかかりません。
薬局で商戦を待っているだけでは薬局の在り方では対応できません。
高齢者等患者さんは「痔や琢也施設にいる」以上薬剤足がそこまで出向かなければなりません。

その危機感を持っている薬局ではすでに自治体や地域包括ケアセンターにを回って、薬局での在宅黄綬体制をアピールしています。
サービス付き高齢者住宅などの開設情報を聞きつければ飛んでいき、完成後の施設訪問の段取りと付けている薬局もたくさんあります。
まだまだそんな薬局も全体では少数派ではありますが、今から素因あ取り組みをしていかないと生き残りをかけた薬局競争で負けてしまうのは自明の理です。

病院の前の門前調剤薬局でさえも、患者の待ち時間をどうするか?
色々な取り組みもしています。
処方箋を受け取った後、患者宅まで届けるサービスもしていることろもありあmす。
しかし、古い考えの薬剤師には「なぜそこまでしなくてはいけないのか?」を認識できずに、不平不満を抱えている薬剤師も少なくありあm線。
しかし、そんなことを言っていては薬剤師も淘汰されていってしまいます。
今は売り手市場の薬剤師でもいつか薬剤師が過剰になる時代もすぐそこなのです。
薬剤師 離婚率

デリケートゾーンのニオイはお風呂上りと朝にする

デリケートゾーンのニオイケアはニオイが気になってくる日中よりも、
お風呂上りとお出かけ前の朝が効果的です。

お風呂上りはニオイの原因となっている細菌が減っています。
そこに抗菌効果があるデオドランド剤を使うとニオイの発生が抑えられます。
そして朝のお出かけ前の着替えのタイミングでもさっとデオドランド剤を使うことでその効果の維持が期待できます。

汗御描きにくいとされる冬でも油断は大敵です。
自分では感じないけれど、厚着でしっかりとデリケートゾーンは蒸されています。
知らない間にあのにおいの元となるアポクリン汗腺からの汗が放出されているのです。
寒さ対策で暖かき洋服を着こめば通気性は悪くなり、臭いもこもります。
彼氏とのエッチの時に服を脱いだら「ムワ~」と臭っては最悪なんです。
なかでも冷え性だからといって保温下着は特に気を付けてください。

「温性が高い」 = 「汗をかきやすい」「通気性が悪い」
ということは知っておいてください。
どうしても寒いのが我慢できなくて保温下着を買う時には素材にも気を付けましょう。
その素材に
コットンが多いもの
吸湿速乾
消臭
抗菌
などの機能がある下着がおすすめです。
意外とシルクは保温性も高く通気性や吸水速乾性も高いので一年中履けるおすすめの下着素材です。

さらに陰毛が多いと汗と皮脂が混ざり合いやすく、その混ざり合た物が陰毛に絡みつきやすくなります。
陰毛がニオイの拡散もとになることも考えられます。
毛が濃い女性は夏に限らずデリケートゾーンの脱毛もおすすめです。
陰毛ってデリケートゾーンのニオイには大敵なんです。
陰毛を剃るというのもありですが、それでは彼氏とのエッチの時にちくちくしてしまう可能性もあります。
脱毛サロンで相談してみるといいですが、陰毛を全部脱毛してしまう女性も意外と多いそうです。

デリケートゾーンのニオイはいざという時ではなく、あらかじめきちんとしておくことをおすすめします。
ラフドット 最安値

「俺はイクメンになるから」は結婚相手に向かない

世の女性は「優しい男が好き」という人が多いと思います。
でも、それって現実にはどうなのでしょうか?
確かに今は男女平等の流れです。
だからこそ男も子育てには積極的に参加することが望ましことでしょう。

恋愛相手ではなく結婚相手として男性を見分ける場合
最初からイクメン志望の男では出世ができない男の可能性が高い
ような気がするのは私だけでしょうか。
俗にいう草食系男子なら平凡な家庭が一番だと考えているかもしれません。
でも、こんなに厳しい世の中で最初から平凡な家庭をゴールにするなら平均的な家庭にはなかなかなりません。
平凡と平均とは微妙に異なります。

結婚して子供が生まれる前から「イクメン宣言」するような男性に、仕事で成功できる気がしないのです。

あなたが結婚相手に求める経済的能力はどれくらいを求めますか?

子育てを協力してくれるなら、つつまし生活でいい?
それ 本心から思っています?
やっぱり人並み以上の豊かな生活をしたいと思っているはずです。

いつまでもうだつのあがらないイクメン男の旦那
家庭はあまり顧みないけれど、バリバリ仕事をして稼いでくる旦那

結局、毛婚して後悔するのは前者のイクメン男の旦那だと思います。

友人の夫が、家事や子育てには協力してくれないけれど毎年1回は家族で海外旅行に行っている。
自分汚段あと比べて、そんな友人の旦那が羨ましく思うのは間違いありません。

結婚前からイクメン志望の男はダメ男?
そんな視点で結婚相手を見極めるのもひとつの方法かもしれません。
現実は「優しさ」より「強さ」が男の最大の魅力なのです。
家族を守るのは、なんだかんだいって「経済力」だと思うのです。

若いうちは
「好きだから」
「イケメンだから」
「背が高いから」
が魅力的に見えますが、女性も30歳を超えて結婚を現実的に考えるyのなら
「年収1000万円の男」
のほうがよっぽど魅力的に見えてくるものなのです。

ダメ男と結婚しても幸せになれません。
これが現実なのです。
運命の人 付き合うまで長い